ストラット式

車のサスペンション方式には色々な種類があります。ストラット式もそのひとつで、現在の市販車に最も多く採用されています。その他の方式としては、ダブルウイッシュボーン、マルチリンク、トーションビームなどがあります。

 
車におけるサスペンションの役割は、路面からのショックを吸収すること、タイヤの接地を確保することであり、あらゆるシチュエーション、例えば不整地や荒地、あるいはコーナリングにおいてもこの2つの要素が破綻しない領域で確保されていなければなりません。各メーカーは、車の特性、コスト面を考慮してその車にふさわしいサスペンション方式を決めています。ストラット方式は、ショックアブゾーバー自体を懸架装置とし、それにバネと車輪を取り付けた構造で(更にロアアームが追加される)、シンプルでコンパクトでありコストも安価にできるという特徴を持っています。また省スペースにできるため、横置きエンジンの前輪駆動車において好適な方式と言えます。

 
しかしながら以下に挙げるいくつかの短所もあります。コーナリング中、ストラット自体が力を受け、曲げ方向に変形するため、ショックアブゾーバーの動きが規制されスムーズにストロークしなくなるということ。またサスペンションが沈み込んだ際のキャンバー変化が大きいため、タイヤの接地が変わってしまいタイヤのグリップに影響を及ぼす点などが挙げられます。

アーモンド

Comments are closed.