固定車軸方式

サスペンションの構造にはいくつかの種類がありますが、その中に固定車軸方式と呼ばれるものがあります。

 

車軸懸架とも呼ばれていますが、自動車用語の中ではリジットアクスルと言う名称が多く使われています。

 

現在の乗用車ではダブルウィッシュボーンやストラットと言った四輪独立懸架式が主流となっていますが、トラックなどの商用車やオフロード性能を重視した四輪駆動車にはリジットアクスルが採用されています。

 

リジットアクスルの特徴は、左右のタイやが一本の車軸で繋がっている点にありますが、大きな力に耐えることができるため車重の重い車両には最適なサスペンション構造となります。

 

四輪独立懸架式と決定的に異なる部分は、左右のタイヤが独立して動くことができないという点にあります。

 

車軸中央にあるデフを支点に左右のタイヤが上下に動くという特性があります。

 

左のサスペンションが縮めば右のサスペンションが強制的に伸ばされるという動きをしますので、悪路を走行する四輪駆動車の場合には高いトラクションを得られるという効果があります。

 

しかしオンロードでは左右のタイヤが独立して動かないために路面追従性が悪く乗り心地が悪くなるというデメリットがあります。強度が高く悪路を走破するには最適なサスペンションですが、乗用車には向かないと言えます。

猫11

Comments are closed.