純正形状

ショックアブソーバの一つである純正形状タイプはショックアブソーバ本体は純正と同様の形状なのでスプリングや取り付けるための部品なども純正品が使用できるので、補修交換するユーザーやスポーツタイプのスプリングと組み合わせて使うライトチューニングユーザーに最適のタイプです。

 

また装着した後も純正品と同様のメンテナンスをするだけでよいので、気軽に車のチューニングを楽しむ人たちに人気となっています。

猫08

ショックアブソーバーのもう一つのタイプである全長調整車高調整タイプの場合は、車高調整機能に本体全長を調整できる機能が加えられたタイプで、本格的なモータースポーツ用の車などのシビアなセッティングを必要とするサスペンションに採用されることが多いショックアブソーバのタイプです。

 

ショックアブソーバーとは振動する機械構造の振動を減衰するための装置のことで、自動車の場合にはショックアブソーバーにスプリングを支えるスプリングシートを設置した構造を採用している場合が多く、このような構造は日本においてはコイルオーバーと呼ばれています。

 

ショックアブソーバーの寿命は通常の場合には3年程度だと考えられているので、改造を施す場合にはコスト面などの考慮が必要となります。

Comments are closed.