ダブルウィッシュボーン式

自動車というのは常に路面からの衝撃を受けるので、タイヤやサスペンションでそれを吸収し、ショックを和らげています。サスペンションというのは、スプリングやショックアブソーバーなどから構成されていますが、乗り心地を重視する味付けにすることもできれば、スポーティな味付けにすることもできます。乗り心地の良さとスポーティさは反比例の関係にあると言われますが、高い次元で乗り心地とスポーティさをバランスさせたのが、ダブルウィッシュボーン式サスペンションと呼ばれるものです。これはアッパーアームとロワアームの上下2組のアームでタイヤを支持するもので、スポーツカーや高級車に多く採用されています。

キノコ

 

ダブルウィッシュボーンの特徴は、サスペンションのストロークがマクファーソンストラット式などと比べると非常にスムーズに動くようになることや、常に良好な接地面が維持されるためにグリップする力が一定であるというメリットがります。さらに、上下のアームの長さを変えたり、アームの取り付け位置を変えたりすることによって、操縦特性等を調整しやすいという特徴があります。その反面、部品点数が多くなり、生産コストが高くなるというデメリットがあります。

Comments are closed.