独立懸架方式

独立懸架方式というのは自動車等のサスペンション形式のひとつで、インディペンデント・サスペンションと呼ばれています。

 

特徴としては自動車の車輪を独立して上下させることができることがあり、このことによって路面の凹凸に対してしっかりと追従していくことができます。

 

とくに後輪駆動車の場合には左右の車輪の駆動する力を効率よく路面に伝えることができるので、効果的であるとされています。

猫12

この他にも固定車軸に比べると動作部分の重量を軽くすることができるので機敏な動作ができることや路面をしっかりと捉えることができます。

 

また車軸が一緒に上下してしまう固定車軸に比べるとフロアパンの車軸部を低くすることができることなどもあります。

 

欠点として考えられていることは固定車軸に比べると構造が複雑になってしまうので、製作するためのコストが高くなるということや、ストロークに伴うタイヤの地面に対するジオメトリー変化が大きくなってしまうこと、車両の荷重が移動するすることによって、ジャッキアップ現象が起きてしまうことがあります。

 

種類としては世界的に主流となっているストラット式や駆動輪が後輪である車両に使われるスイングアーム式、ストラット式と並んでよく採用されているウィッシュボーン式などがあります。

Comments are closed.