ショックアブソーバの種類

車はタイヤから常に振動を受けます。

 

タイヤからの振動をまともに受けると、乗り心地が悪くなり、長時間乗り続けることができません。

 

そこでまずスプリングでタイヤからの衝撃を受け止めます。

 

スプリングは車の性格によって柔らかめのものもあれば、硬いものもあります。

 

しかし、スプリングは路面からの衝撃を吸収した後、再び元の状態に戻ろうとします。

このために衝撃をうまく吸収できても、車は上下左右に揺られることになり、乗り心地はよくありません。

 

そこで次に、このスプリングによって発生するばね振動を吸収し和らげるために、ショックアブソーバーという装置が使われます。

構造的には、回転させるロータリーダンパーと呼ばれるものと、伸縮させるシリンダーダンパーと呼ばれるものがあり、車の場合は後者が採用される場合が多いです。これらの部品をひとまとめにしてサスペンションといいますが、純正部品を付け替えることで、まったく違った乗り心地やハンドリング性能を発揮させることも可能です。

 

それぞれ車の種類ごとに、様々な種類のサスペンションが販売されていますが、サスペンションを付け替えると、車の乗り心地に大きく影響を与えますので、よく考えて行うと良いでしょう。猫07

Comments are closed.